解決事例

【福岡県那珂川市】保険会社との対応をどうしたらいいのか分からない。

福岡県那珂川市

  • 女性
    • 名前:Kさん
    • 性別:女性
    • 年齢:40代
    • 職業:兼業主婦

事故直後の診断

頚椎捻挫、右肩関節捻挫、左肩関節捻挫

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
なし なし 120万円

事故の状況

Kさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で受傷しました。

満足度UPポイント

Kさんは、事故から約2週間後にご家族の勧めでフレアに相談されました。初めての事故で保険会社との対応をどうしたらいいのか分からず、また、今後の流れも分からないとの不安を持たれていました。
そこで、フレアはKさんからの依頼を受け、保険会社対応の一切をフレアが引き受け、Kさんにはケガの治療に専念をしていただきました。
事故から約4か月でKさんは治療を終えられ、幸いにも後遺障害が残ることなくケガの痛みはほとんど感じないまでに回復されました。賠償金についても、慰謝料の他、主婦業もされていたKさんの休業損害(主婦休損)も保険会社に支払ってもらうことができ、Kさんはその解決結果にとても満足されました。

【福岡県大野城市】保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

福岡県大野城市

  • 男性
    • 名前:Yさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
なし 67万円 100万円 33万円

事故の状況

Yさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Yさんは、事故の治療が終わり、保険会社から慰謝料の提示書面が郵送で送られてきましたが、その内容が妥当なものかどうか分からないということでフレアに相談されました。
フレアがYさんに送られてきた提示書面を確認したところ、保険会社の算定は自賠責基準による低いものであったため、弁護士による交渉で十分に増額の見込みがあり、その旨をYさんにお伝えして示談交渉のご依頼となりました。
そして、弁護士による交渉の結果、示談金額はもともとYさんが保険会社から提示を受けていた金額から約33万円増額での示談となり、Yさんはその解決結果にとても喜ばれました。

【福岡県筑紫野市】最後の示談交渉は弁護士に任せたい。

福岡県筑紫野

  • 男性
    • 名前:Nさん
    • 性別:男性
    • 年齢:40代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

外傷性頚部症候群、両側肘関節部打撲・擦過傷、左手関節部 打撲・擦過傷、右足関節部打撲

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
なし(非該当) なし 100万円

事故の状況

Nさんは、ショッピングセンターの駐車場内を歩行中にNさんの後方からきた車の左折に巻き込まれて転倒し、受傷しました。

満足度UPポイント

Nさんは、事故によるケガの治療が終了するタイミングで、最後の示談交渉は弁護士に任せたいということでフレアに相談されました。
フレアは、Nさんが約9か月の治療期間を経て症状固定となったことや痛みの自覚症状が残っていたことなどを考慮して、まずは後遺障害申請のサポートから始めることにしました。しかし、事故後もNさんに残っていた痛みの症状は後遺障害とは認定されませんでした(非該当)。そこで、フレアはNさんと後遺障害申請結果(非該当)に対する異議申立をするかどうか相談しましたが、Nさんはフレアが親身になってやってくれた結果だからと納得され、異議申立は行わずに最終的な損害賠償金の交渉を希望されました。
そして、弁護士による交渉の結果、慰謝料は弁護士が算定した裁判所基準をベースに話がまとまり、Nさんはその解決結果に満足されました。

【福岡県大野城市】保険会社とのやり取りが精神的に苦痛。

福岡県大野城市

  • 女性
    • 名前:Nさん
    • 性別:女性
    • 年齢:20代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

外傷性頚部症候群

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
なし なし 98万円

事故の状況

Nさんは、交通渋滞により停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃 で首に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Nさんは、事故後の保険会社とのやり取りを精神的に苦痛に感じて、弁護士に間に入ってほしいということでフレアに相談されました。
Nさんは、弁護士費用特約を使用して以後の手続き一切をフレアに依頼したことで保険会社とのやり取りから解放され、精神的な負担が軽くなったことを喜ばれて治療に専念されました。
Nさんが治療を終えられたのは事故から9か月ほど経った頃でしたが、幸いにも後遺障害が残ることなくケガの痛みはほとんど感じないまでに回復されました。賠償金についても弁護士が算定した適正な金額を保険会社に支払ってもらうことができ、Nさんは解決結果にとても満足されました。

【福岡市南区】後遺障害申請の結果が「非該当」だった。まだ痛みが残っているのに納得い かない。

福岡市南区

  • 男性
    • 名前:Mさん
    • 性別:男性
    • 年齢:50代
    • 職業:自営業

事故直後の診断

右臼蓋後壁骨折、歯槽骨骨折

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
非該当⇒(異議申立)14級9号 なし 475万円

事故の状況

Mさんは、タクシーに乗車中、タクシー運転手の居眠り運転により乗っていた タクシーが建物外壁に衝突してしまい、その際に受傷しました。

満足度UPポイント

Mさんは、事故後、1年を超える治療を経て症状固定となり、その後保険会社に後遺障害申請をしてもらいましたが、結果は「非該当」でした。しかし、Mさんは症状固定後も事故によるケガの痛みがずっと残っていたこともあり、「非該当」の結果に納得できず、フレアに相談されました。
そこで、フレアは後遺障害申請結果(非該当)に対する異議申立のご依頼を受け、Mさんをサポートさせていただきました。
フレアは、Mさんの異議申立にあたり、Mさんの主治医への医療照会を行い、その上でMさんのケガと事故との因果関係の立証や症状推移などを説明する書面を作成しました。その結果、「非該当」とした最初の判断は覆り、Mさんは無事に後遺障害等級14級の認定を受けることができました。
その後、弁護士が今回の事故によって被ったMさんの損害額を算定し、保険会社へと損害賠償額の請求を行いましたが、保険会社の回答は到底納得できるものではなく、フレアはMさんと相談のうえ訴訟にて解決を図ることとしました。
訴訟提起後、数回の期日を経て、Mさんが一定の譲歩をすることによって和解成立となりましたが、Mさんはやれるだけのことをやったうえでの解決結果にとても満足されました。