解決事例

【福岡市早良区】保険会社との対応をどうしたらいいのか分からない。

福岡市早良区

  • 女性
    • 名前:Nさん
    • 性別:女性
    • 年齢:50代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

右膝擦過創、殿部打撲傷、右膝打撲傷、頚椎捻挫

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
なし なし 137万円

事故の状況

Nさんは、青信号で横断歩道を渡っていた際、交差点を右折してきた車に横断歩道上ではねられて受傷しました。

満足度UPポイント

Nさんは、事故から約2週間後に、周りの勧めでフレアに相談されました。Nさんは、事故後の保険会社とのやり取りに不安があり、弁護士にすべてを任せたいと考えられていました。
そこで、フレアがNさんからの依頼を受け、以後の保険会社対応の一切を引き受けたことでNさんは精神的ストレスを抱えることなく安心され 、それだけでも弁護士への依頼のメリットを感じられて喜ばれました。
治療に専念できた結果、Nさんは事故後4か月ほどでケガの痛みはほとんど感じないまでに回復されました。
その後、弁護士がNさんの損害額を算定して保険会社との示談交渉に臨み、最終的にNさんが思っていた以上の金額で示談・解決となり、この解決結果にNさんはとても満足されました。

【福岡県三井郡大刀洗町】保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

福岡県三井郡大刀洗町

  • 女性
    • 名前:Aさん
    • 性別:女性
    • 年齢:20代
    • 職業:学生

事故直後の診断

頚椎捻挫

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
なし 26万円 51万円 25

事故の状況

Aさんは、車を運転して直進走行中、前方を走っていた車が停車したためAさんもその後ろで車を停車させたところ、その前方の車が突然バックをはじめてAさんの車に衝突し、Aさんは受傷しました。

満足度UPポイント

Aさんは、ケガの治療が終わったあとに保険会社から示談金額の提示を受けましたが、その内容が妥当なものかどうか分からないということで周りに相談し、周りの勧めでフレアに相談されました。
フレアが、保険会社からAさんに提示された示談内容を確認させていただいたところ、保険会社の算定は自賠責保険の算定方法に沿った低い基準 となっていたため、弁護士による交渉で十分に増額の見込みがある旨をAさんにお伝えし、フレアが示談交渉をさせていただくこととなりました。
そして、弁護士による交渉の結果、示談金額は弁護士が裁判所基準に沿って算定した金額に近い金額での示談となり、もともとAさんが保険会社から提示を受けていた金額の約2倍となりました。
Aさんはこの解決結果にとても喜ばれました。

【福岡市中央区】保険会社との対応をどうしたらいいのか分からない。

福岡市中央区

  • 男性
    • 名前:H様
    • 性別:男性
    • 年齢:40代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚部挫傷、前胸部打撲傷、左鎖骨部打撲傷、左下腿打撲傷

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
非該当⇒(異議申立)併合14級 なし 714万円

事故の状況

Hさんは、仕事中に部下の運転する車に同乗中に事故に遭い、その際の衝撃で受傷しました。

満足度UPポイント

Hさんは、事故に遭われて1週間ほど経った頃に保険会社との対応をどうしたらいいのか分からないということでフレアに相談され、以後の保険会社対応をフレアに依頼されました。 Hさんは、保険会社対応をフレアに依頼したことでご自身は精神的なストレスを抱えることなく治療に専念することができ、フレアへの依頼のメリットを感じて安心されていました。 事故から6か月を過ぎた頃、Hさんは医師より症状固定と判断されましたが、まだ首の痛みが残っていたHさんは後遺障害申請を希望され、フレアはそのサポートをさせていただきました。しかし、後遺障害申請の結果は「非該当」とされ、その結果に納得できなかったHさんとフレアは異議申立を行うこととしました。 Hさんは、症状固定後も自費での通院を続けられており、そういった事情や仕事や生活面での支障等を弁護士が書面にまとめ、速やかに異議申立を行いました。 異議申立の結果、Hさんに対する後遺障害「非該当」の最初の判断は覆り、Hさんは無事に後遺障害併合14級が認められ、それを踏まえて弁護士が保険会社と示談金額の交渉を行い、Hさんは最終的に約714万円の示談金を保険会社から支払ってもらうことができ、この解決結果にとても満足されました。

【福岡県糸島市】保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われているが、もう少し治療を続けたい。

福岡県糸島市

  • 女性
    • 名前:O様
    • 性別:女性
    • 年齢:30代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

頚椎捻挫、背部捻挫

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
なし なし 129万円

事故の状況

Oさんは、車を運転して青信号で交差点内に進入したところ、渋滞していた車列の間から車が飛び出してきてOさんの車に接触し、Oさんはその際の衝撃で受傷しました。

満足度UPポイント

Oさんは、事故から6か月ほど経ったところで保険会社から「そろそろ治療費の支払いを終了する」ような話をされ、まだケガの痛みが残っていたOさんはもう少し治療を続けたいと希望されフレアに相談されました。 そこで、フレアがOさんからの依頼を受け、弁護士が保険会社とOさんの治療期間についての交渉を行ったところ約1か月間の治療費対応を延長してもらえることとなりました。 結果的にOさんは事故から7か月ほど治療を続けられたことでケガの痛みはほとんどなくなり、治療終了後は早期の示談を希望されました。 そして、弁護士が保険会社とOさんに対する慰謝料等の賠償交渉を行い、Oさんは保険会社から約129万円の賠償金を支払ってもらうことで示談が成立し、Oさんはこの解決結果にとても満足されました。

【福岡市東区】保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

福岡市東区

  • 男性
    • 名前:Y様
    • 性別:男性
    • 年齢:50代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

左肩関節捻挫、背部捻挫

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
なし 69万円 87万円 18万円

事故の状況

Yさんは、バイクを運転して走行中、前方の車が右折待ちで停車していたためにその後ろでバイクを停車させて待っていたところ、Yさんの後方からきた車に追突され、受傷しました。

満足度UPポイント

Yさんは、5か月ほどでケガの治療を終えられた後、保険会社から示談金額の提示を受けましたが、その金額が妥当なのか知りたいということでフレアに相談されました。 フレアが、保険会社からYさんに提示された示談内容を確認させていただいたところ、慰謝料の算定が少し低かったため弁護士による交渉で十分に増額が可能と判断し、Yさんから示談交渉のご依頼をいただきました。 Yさんからのご依頼を受け、早速、弁護士が保険会社と示談交渉に臨みましたが、保険会社は「軽微事故」を理由に示談交渉には一切応じず、その後も何度か交渉を重ねましたが結果は変わりませんでした。 そこで、フレアはYさんと相談の結果、交通事故紛争処理センターに和解あっ旋審査を申し込み、同センターの嘱託弁護士によるあっ旋案の下、最終的にはもともとYさんが保険会社から提示を受けていた金額よりも約18万円増額での示談が成立しました。 保険会社の対応により示談までの期間が当初の見込みよりも少し長くなりましたが、Yさんは「自分一人では納得できる解決にはならなかったと思います」と今回の解決結果には納得され、感謝の言葉をいただきました。

ページトップ
北九州オフィス
0120-70-71-72
福岡オフィス
0120-70-77-82