交通事故の示談交渉を弁護士に依頼する理由

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリットは①示談金の増額が見込める②保険会社とのやりとりを弁護士に任せることができることです。

メリット1示談金の増額が見込める

交通事故の賠償基準は①自賠責保険基準②任意保険基準③裁判所基準と3種類があります。

後遺障害慰謝料の等級別による賠償基準例

後遺障害の慰謝料についてのみを見ても、3つの基準がどのくらい金額として違うのか、明確にご理解いただけると思います。

自賠責保険基準 任意保険基準 裁判所基準 差額
1級 1100万円 各保険会社が独自に定めていますが、
自賠責保険基準よりやや高いか、ほぼ同額がほとんどです
2800万円 1700万円
2級 958万円 2370万円 1412万円
3級 829万円 1990万円 1161万円
4級 712万円 1670万円 958万円
5級 599万円 1400万円 801万円
6級 498万円 1180万円 682万円
7級 409万円 1000万円 591万円
8級 324万円 830万円 506万円
9級 245万円 690万円 445万円
10級 187万円 550万円 363万円
11級 135万円 420万円 285万円
12級 93万円 290万円 197万円
13級 57万円 180万円 123万円
14級 32万円 110万円 78万円

メリット2保険会社とのやりとりを弁護士に任せることができる

弁護士に依頼するメリットは示談金の増額のみでなく、保険会社とのやりとりや手続きを代行してもらうことにより生じる安心感も大きなポイントです。