解決事例

【福岡市南区】保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

福岡市南区

  • 男性
    • 名前:Yさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

腰椎捻挫、右肩捻挫、左手小指捻挫

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
なし 69万円 86万円 17万円

事故の状況

Yさんは、知人の車の助手席に同乗中、その乗っていた車が事故に遭い、Yさんはその際の衝撃で受傷しました。

満足度UPポイント

Yさんは、事故の治療が終わり、保険会社から慰謝料の提示を受けましたが、その内容が妥当なのか知りたいということでフレアに相談されました。
フレアが、保険会社からYさんに提示された内容を確認したところ、弁護士による交渉で十分に増額の見込みがあったため、フレアが示談交渉をさせていただくこととなりました。
そして、弁護士による交渉の結果、もともと保険会社からYさんに提示されていた金額から約17万円増額での示談となり、また、弁護士費用特約の使用でYさんは弁護士費用の自己負担なく解決できたことにとても満足されました。

【佐賀県鳥栖市】後遺障害について相談したい。

佐賀県鳥栖市

  • 男性
    • 名前:Tさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫、頚部脊柱管狭窄症

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
14級9号 なし 280万円

事故の状況

Tさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で受傷しました。

満足度UPポイント

Tさんは、事故後、病院と整骨院を併用して治療を行っていましたが、事故から3か月ほど経ったところで「整骨院については今月で治療費の対応を終了します」と言われ、後遺障害の申請を考えていたTさんはどう対応したらいいのか分からずにフレアに相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、まずはTさんにしっかり治療を継続してもらうために弁護士が保険会社と整骨院の治療費対応の延長交渉を行いました。弁護士による交渉の結果、保険会社は整骨院の治療費対応について約1か月間の延長に応じ、病院については最終的に医師が症状固定との判断をするまでの間治療費対応を継続してもらうことができました。
事故から約6か月後、Tさんは医師より症状固定と判断されましたが、まだケガの痛みが残っている状態であったため、フレアがTさんの後遺障害申請のサポートをさせていただきました。その結果、Tさんには無事に後遺障害14級の等級認定が下り、その後の保険会社との示談交渉においても弁護士が算定した適正な金額で示談がまとまり、Tさんはすべての面において納得のできる解決結果となったことをとても喜ばれました。

【福岡市東区】事故の相手が車検切れ、自賠責保険切れのため、きちんと賠償金を支払ってもらえるか不安。

福岡市東区

  • 男性
    • 名前:Yさん
    • 性別:男性
    • 年齢:60代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

右肩甲骨肩峰骨折、右肩鎖関節損傷、左母指MP関節尺側側副靭帯損傷、左下腿打撲傷

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
なし なし 112万円

事故の状況

Yさんは、バイクで直進走行中、対向車がコンビニに入ろうとYさんの目の前を横切ろうとしたことで衝突し、Yさんはバイクごと転倒して受傷しました。

満足度UPポイント

Yさんは、事故の相手が車検切れ、自賠責保険切れという状況で、幸いにも非を全面的に認めて誠意を感じる対応をしてくれていましたが、そのまま最後まできちんと賠償対応してくれるのか不安になり、フレアに相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、弁護士がYさんの事故の相手と連絡を取り、最後まできちんと賠償対応をしてもらえるよう話をしました。
その後、フレアはYさんの事故の相手と定期的に連絡を取り、その都度Yさんの治療経過などを説明してYさんの治療費や休業損害等の支払いを受けました。
事故から約5か月後、Yさんは事故のケガの治療を終えられ、最後に慰謝料の請求をYさんの事故の相手に行いました。Yさんの事故の相手は使える保険がなかったことで容易に支払える金額ではなかったと思いますが、弁護士の算定したYさんへの賠償金額を何とか工面し、責任をもって支払ってくれました。
Yさんは、事故の相手が最後まで誠意ある対応をしてくれたことに感謝しながらも、フレアに間に入ってもらったことで最終的には十分に納得できる解決結果となったことをとても喜ばれました。

【福岡市博多区】保険会社から治療費の支払いを終了すると言われているが、もう少し治療を続けたい。

福岡市博多区

  • 男性
    • 名前:Mさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

腰部打撲傷、頚椎捻挫、右手打撲傷

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
なし なし 76万円

事故の状況

Mさんは、自転車で走行中、信号機のない交差点内で右折するトラックと接触して転倒し、受傷しました。

満足度UPポイント

Mさんは、事故から4か月ほど経ったところで保険会社から「今月末で治療費の支払いを終了します。」と言われ、「あと一週間しかないじゃないか。急に言われても困る。まだ痛みが残っているので治療を続けさせてほしい。」と交渉しましたが、保険会社は「終了します。」の一点張りで困り果て、フレアに相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、弁護士が保険会社とMさんの治療費対応について交渉させていただくことになりました。保険会社との交渉を踏まえ、弁護士がMさんの主治医に医療照会を行ったところ、Mさんの主治医は「最低でもあと1か月くらいの治療が必要」との見解であり、その上で弁護士は保険会社との交渉を行いました。そして、弁護士による交渉の結果、保険会社は約1か月の治療費対応の延長に応じ、Mさんはしっかりと治療を継続することができました。
Mさんの治療終了後、弁護士はMさんの損害賠償金についても保険会社と交渉を行い、Mさんにも過失の生じる事故ではありましたが最終的に約76万円の賠償金を保険会社から支払ってもらう解決結果にMさんはとても満足されました。

【福岡市南区】保険会社とのやり取りが精神的に苦痛。

福岡市南区

  • 女性
    • 名前:Eさん
    • 性別:女性
    • 年齢:60代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
なし なし 130万円

事故の状況

Eさんは、ご主人の運転する車の助手席に同乗中、赤信号で停車していたところに後ろからきた車に追突され、Eさんはその際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Eさんは、事故後1か月ほどご自身で保険会社の対応をされていましたが、保険会社の担当者の対応が高圧的で精神的に苦痛に感じ、弁護士に間に入ってほしいということでフレアに相談されました。
Eさんは、弁護士費用特約を使用して以後の手続き一切をフレアに依頼したことで保険会社の対応をご自身ですることがなくなり、精神的なストレスを感じなくなったことをとても喜ばれました。
そして、事故から約4か月後、Eさんはケガの治療を終えられ、幸いにも治療の効果で痛みを感じることはほとんどなくなっていました。
その後、弁護士がEさんの損害額を算定するにあたり、主婦であったEさんの休業損害(主婦休損)も考慮して算定し、保険会社との交渉の末、最終的にEさんは約130万円の損害賠償金を受け取ることができ、その解決結果にとても満足されました。