解決事例

【福岡市東区】過失割合が納得できない。

福岡市東区

  • 女性
    • 名前:Hさん
    • 性別:女性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

負傷なし

後遺障害 事前提示 示談金額 増えた金額
5万

事故の状況

Hさんは、同乗者を下すために道路脇に車を停車させたところ、その直後にH さんの前方に止まっていた車がバックしてきてHさんの車に衝突しました。

満足度UPポイント

Hさんの事故の相手は、事故直後は謝罪の言葉を口にしてその場での示談を持ちかけてきましたが、一旦双方が車内に戻ってそれぞれの保険会社へ連絡する こととしました。
ところが、保険会社への連絡後はHさんの事故の相手の態度 が急に変わり、Hさんも動いていたと主張してきました。
Hさんは自分に過失が発生することに納得がいかず、過失割合についての交渉 をしてほしいということでフレアに相談されました。
そこで、フレアがHさんからの依頼を受け、保険会社と過失割合についての交 渉を始めましたが、保険会社はHさんの過失割合について40%という主張で した。
しかし、その主張にはHさんも弁護士も到底納得できず、弁護士が保険 会社と何度も交渉を重ねましたが、Hさんの事故の相手も譲歩しないというこ とで交渉は平行線を辿り、その後相手も弁護士を付けたことで弁護士同士での 話し合いとなりました。
交渉開始から半年近く経ち、Hさんの過失割合を20%というところまで進展 しましたが、Hさんは10%が譲歩の限界としてそれ以上の交渉では進展が見 込めなかったこともあり、弁護士は訴訟提起を決めて相手弁護士へ通知しまし た。
訴訟準備を進める中、Hさんの事故の相手はHさんの過失割合を10%とする 示談に応じる姿勢へと軟化し、Hさんも訴訟提起前の示談を承諾されました。
依頼から解決までに約半年かかりましたが、Hさんは「自分ではここまでの話 はできなかったと思います。
本当にありがとうございました。」と納得できる 解決結果となったことをとても喜ばれました。